まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の根本的な違い

まつ毛が薄い、もっとボリュームアップしたい、まつエクは嫌だけどどうにかまつ毛を可愛くしたい。
そんな時にネットで調べると、「まつ毛美容液」なるものが出てきます。
まつ毛美容液って何?
その説明の中に育毛効果がどうのこうの書かれている部分があったりします。
そして、「まつ毛育毛剤」という言葉も見受けられます。
場合によっては、それらをまとめて「まつ毛美容液」と書かれていたりします。
しかし、その2つには大きな違いがあります。
それは「化粧品」か「医薬品」かの違いです。
この違いはとんでもなく大きいんです。

例えば、髪の毛に塗る育毛剤というのがあります。
その育毛剤でさえも、髪の毛が生えてきそうなイメージを与えていながら、実は医薬品ではなかったというケースもあります。
非常に紛らわしいですよね。
では先ほどの2つの場合は何が異なるのでしょうか。

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の成分上の違いについて

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤は根本的に成分が違います。

まつ毛美容液
美容成分やまつ毛の栄養になるような成分が配合されている化粧品
まつ毛育毛剤
緑内障治療にも使われていたビマトプロストなどの成分が配合されている医薬品

化粧品と薬用化粧品、サプリと薬、このくらいの違いがあるんです。
まずはそれを知った上が考えましょう。

医薬品というのは効果、効能が認められているものですから、効果は感じ安いと思います。
しかし、副作用の心配が出てきます。目の痒みや充血、色素沈着などです。
もちろん個人差はありますが、効果を感じ安い反面、副作用が出る可能性も増すと思っておいたほうがいいでしょう。

では、まつ毛美容液はどうかというと、まつ毛を増やすというイメージよりも、今あるまつ毛に栄養を十分に与えて、元気で太いまつ毛を育てましょうというものです。
今あるまつ毛がまつエクなどで弱って細くなってしまってる場合、そのまつ毛が太くなってくるだけで、ボリュームはアップしますよね。
そういう目的のものです。

では、どちらを使うほうがいいか?
それは買う人本人が決めることであって、どちらが絶対におすすめということはありません。
ただ、ビマトプロストは、緑内障治療に使用されていた副作用で、まつ毛の増毛効果があったということからまつ毛育毛剤として使われることになったものです。
そのことからも分かるとおり、副作用は予期せぬことが起こりえます。
ネットでも買えるものもありますが、私は医師の診断を受けて相談しながら使うほうがいいのではないかと思います。
何でもネットで買えるのは便利ですが、いざという時に怖いですからね。

私は怖がりなのと、ネットで買えるまつ毛育毛剤でもまつ毛が増えたと感じる人が多いのは確かなので、まつ毛美容液派です。